株式投資入門

売買益で儲ける

よく耳にする「株で儲けた」とは、株を持っている会社が業績を上げて、株の株価が上がり、値上がりした株を売って利益を出すことをいいます。この利益のことを「キャピタルゲイン」と呼びます。
反対に「株で損した」とは、株価が下がり安く売ることで、「キャピタルロス」といいます。
株の儲けはキャピタルゲインによるものです。株価が低いときに買って、高くなったら売り、その差額が儲けになるのです。
ですから、株式投資では、先を読むことが最も大切になります。

配当金をもらう

投資した企業が成功して順調に利益を出すと、配当金が受け取れます。配当で得る利益はインカムゲインといいます。
会社の業績が良いと配当金は増え、悪いと減ります。事業が失敗すると配当がもらえなくなるケースもあります。

株主優待を受ける

株主優待制度は、決算期末に単位株を持っている株主が受けることができます。
企業は株主に無料で自社製品やサービスを提供します。優待内容は企業によって様々ですが、自社製品の無料プレゼントや割引などが主流です。
人気の優待品にはプレミア価値の付く物もあり、株主優待を目当てに株主になる人もいます。