株式投資入門

投資目的を決める

あなたが株式投資で目標とすることは何ですか?
単純にお金を増やしたいのか、高い金利で資金運用がしたいのか、それとも、ハイリターンを狙って大きな買い物をしますか?
答えは人により様々であり、何でもいいと思います。しかし、その目的達成に向かった投資方法を行い、その姿勢に合わない投資を避けることは大切です。
方向性を見失うとリスクを増やすことになります。
投資経験が少ない方や、投資資金の少ない人は、できるだけローリスクで安全な投資方法を選ぶべきです。この時点で無理なハイリターンを期待してはなりません。
☆自分の投資目的をはっきりと持ちましょう。

投資手段を決める

デイトレードと中長期投資では取り組み方が大きく異なってきます。
デイトレードでは瞬時の判断、スピードが求められます。
株価の上げ下げが頻繁で大きい幅の銘柄を選んで投資するので、ハイリスク・ハイリターンです。
常に目が離せないので、仕事をしながらの一般投資家には向きません。
中長期投資は長い目で見た安定した投資をするので、一日の株価の動きだけでは勝ち負けは決まりません。
具体的には成長中の企業や、割安な価格で市場に出ている株、高配当株などを対象にします。
この方法なら一日中パソコンに張り付く必要はないので、仕事をしながらでもプロの投資家に陥れらるリスクは少なくなります。
☆まずは中長期投資から始められることをお勧めします。